2020年

2020年 · 2020/02/15
料理撮影の初心者にとって、中華料理は比較的撮りやすいと思います。 ここで言う中華料理とは、エビチリなど定食などに出てくる定番の中華料理のことを言っています。 ただその撮りやすさと、お客様へ気に入っていただけるかどうかは別の問題で、最近気付いたことがあるので書いてみたいと思います。 中華料理は、油で炒めたカラフルな料理が、カメラマンからすると調理時間が短いのにシズルもバッチリで、色合いも大変素晴らしく、撮りやすい料理だと思っています ただ、日本人にとっての美味しそうさと中国人にとっての美味しそうさにはかなり違いがあることに、ある時気付きました。

2020年 · 2020/02/03
料理を作った人から『美味しい?』と聞かれたら何と答えたらいいのか?という変な題材で今日は書いてみたいと思います。 結論から言うと、『美味しい?』と聞かれたら『美味しい!』と答える「以外」の状況が、一般の人に訪れることはただの一度も無いのではないか、ということです。 『美味しい?』という言葉は、事実を答えるための質問内容ではなくて、コミュニケーションの手段だと思っています。 『美味しい?』と聞かれて『美味しい!』と

2020年 · 2020/01/08
新年1回目の更新なので、一応控えめにご挨拶を、、 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 さて最近、2年ぐらい前に蒔いた種が今になって実ってきたことがあります。 私の場合、平均点を少しずつ上げていくような写真で仕事を取るよりも、私の料理写真そのものにテンションが上がって頂いた方から次のご依頼を頂けていることが多いと思っているので、他のカメラマンとは仕事の取り方が違うと思っています。 常に平均点を目指す撮り方よりも、最初からホームランを狙いにいってます。 普通のプロはリスクがあるのであまりやらない方法だと思っていますが、自分が勝てる場所はそこだと思っているので、機材選定から撮影方法まで、可能な限り、安定だけでは終わらないよう、常に意識しています。